Blog

2017.9.12

折り鶴100羽をロサンゼルスに発送しました。

この度、9月16日(土)に、アメリカ ロサンゼルスのリトル・トーキョーで開催される
平和イベント総合芸術舞台『平和の午後 -広島と長崎が経験したこと-
に「EARTH Hiroshima」の折り鶴商品と、100羽の折り鶴を届けました。

 

この総合芸術舞台は、
演出・脚本・製作総指揮はリチャード・ユタカ・フクハラ氏。
SO@Rとも交流がある、ハリウッドで活躍する神主映画記者の
はせがわいずみさんがイベント事務局を務めていらっしゃいます。

 

お送りした100羽の折り鶴は
8月6日の新聞を46センチ角にして折った、大判サイズの折り鶴と、
洋金箔紙の製品化で注目される「歴清社」から頂いた洋金箔紙で折った金の折り鶴。
合わせて100羽。
8月6日に平和祈念公園やおりづるタワー訪れた方々にも声をかけ、みんなで祈りを込めて折りました。

 

歴清社さんは創業は1905年という歴史ある金箔を取り扱う会社です。
製品である金箔紙は神社仏閣はもとより、
国内外の高級ホテルや美術館など様々な場所で活用されています。
広島にある工場には、被爆した煙突が今なお残っており、
広島でも数少ない貴重な場所です。

 

この歴清社さんともコラボして、今、EARTH Hiroshimaの新商品を開発中です。
昨年のブランド発表以来、こうして様々なご縁が繋がっております。

 

100羽の折り鶴と共に、寄付するEARTH Hiroshimaの折り鶴商品は
折り鶴チャーム、折り鶴再生紙の一筆せん、折り鶴ビーズポストカード、
慰霊碑クラフトカードを、当イベントへ寄付いたしました。

 

また、この取り組みについて、9月9日の中国新聞の朝刊にも取り上げていただきました。
ありがとうございます。

http://soa-r.net/topics/20170909_chugoku_earth.html

img_9822_600

 

開催されるイベントの様子は、またこちらのブログでもお届けしたいと思っております。
どうぞお楽しみに!

大量注文についてはこちらから

"EARTH Hiroshima"についての
お問い合わせはこちらから

Top About Products Manufacturer Creator News Blog Shop