Products

金箔の折り鶴栞

株式会社歴清社×株式会社河内×対馬デザイン

金箔紙で折り鶴をあしらった栞

日本の伝統的工芸技術である箔押しを用いて作った洋金箔紙(真鍮箔)と
パッケージ印刷会社の加工技術を融合した折り鶴栞(ブックマーク)。
優美な5色を展開。

株式会社 歴清社

久永朋幸

金は平和の象徴。広島から世界へ

古来より人類は金を尊いものとして、大切にしてきました。
それは心の平安を念ずる宗教、仏像のシンボルなど「金はただの色じゃない。癒しと希望を感じさせる力がある。そこには人々の平和がある」と感じております。
壁紙や屏風だけでなく、金箔には無限の可能性があると考え、既成概念にとらわれないデザインに挑戦しています。
ここ広島で金箔紙の製造が行われ、世界中の建物の壁紙などに使われていることはまだまだ知られていません。
日本の伝統技術である金箔紙が、平和の象徴である折り鶴の形となって、多くの人に手に取っていただきやすい「栞(ブックマーク)」という商品に変身することで、世界中の方々により身近に感じてもらえたら、という想いを込めました。

株式会社河内

初めての挑戦。金箔紙と色紙の合紙

金箔紙と合わせる紙を吟味して選出し、試作を繰り返しました。
今回、商品に使用している金箔紙はサイズや材質が加工するのに難易度の高い素材でしたが方々からの協力を経て合紙に成功し、商品を作り上げることができました。

アートディレクター | グラフィックデザイナー

対馬 肇

金箔紙で表現する平和への想いと造形美

ブランドのテーマである「広島らしさ」「平和」を象徴する「折り鶴」をモチーフに、
きらびやかな金箔と、色とりどりの色紙とを合わせることで、ポップな印象に仕
上げました。
折り鶴の美しさを表現できるよう、羽の部分や折り鶴部分のカタチには拘りました。
この商品を手に取ってもらうことで、なかなか馴染みのない箔文化を、
多くの人に知ってもらいたいという想いを込めています。

販売商品

大量注文についてはこちらから

"EARTH Hiroshima"についての
お問い合わせはこちらから

Top About Products Manufacturer Creator News Blog Shop